リターゲティングの作用

技術的には、リターゲットするページ上のサイトのフッターに小さなタグを配置するだけです。このタグは、ユーザーに透過的なクッキーを配置し、ユーザーがサイトを閲覧する際に利用されます。簡単にタグの設置設定ができます。

なぜリターゲティングは効果的か

リターゲティングは1度サイトに興味を持ったユーザーへブランドを常に目に見えるようにし、1度興味を示している価値の高いユーザーをターゲットにすることにより、より良い広告効果が得られます。ユーザーが広告を目にする度に広告を認識させることでCTRがたかくなり、コンバーションが増え広告効果が更に高まります。

高度なリターゲティング

ポジティブ・ネガティブリターゲティング: 特定のページに到達したユーザーをターゲット又はターゲットを除外することができます。
個別リターゲティング: 複数の広告を表示される場合にはリターゲティングの効果をさらに高める方法の1として、ユーザーが特に興味を持った商品の広告を表示することです。

ケーススタディ

有名アダルトウェブカム
アダルトウェブカムはクレジットベースの製品であり、新規会員を獲得するのが通常困難になりますが、一度会員登録されると利益がとても上がるようになります。ポップアンダーキャンペーンを運営し、特定の会員登録済みのユーザーをターゲットしました。ユーザーがブランドの認知をすることで、ブランドを目にする度にログインするようになり。会員得点を利用することで収益が250%上がりました。

ヘルス(健康)商品
ランディングページ、商品カタログ、クレジットカードフォームから購入する、典型的なオンライン販売商品でした。商品に関心を示した訪問者の98%以上がクレジットカードフォームを閉じ、購入を完了しませんでした。これらのユーザーのターゲットを絞ったディスプレイキャンペーンを作成し、コンバージョン率は従来のキャンペーンの約7倍で、ROIは300%を超えました。